NISA、積み立てNISAについてわかりやすく説明します。

動画がオススメ!
内容をわかりやくまとめています

一般/特定口座とNISA、積み立てNISA口座の違い

一般/特定口座とは

一般と特定口座の違いは、確定申告を自分でするかしないか違いになります。中身は同じ内容です。

運用利益の税金

20%が税金として引かれます。

運用期間

制限はありません。

投資上限額

制限はありません

運用できる商品

制限はありません

NISAとは

運用利益の税金

非課税

運用期間

5年間

投資上限額

1,200,000円/年

運用できる商品

上場株式、株式投資信託、上場投資信託(ETF)、不動産投資信託(J-REIT)など


定期預金などの銀行預金や、国債・地方債・社債などは、NISA制度の対象商品ではありません。

積立NISAとは

運用利益の税金

非課税

運用期間

20年間

投資上限額

400,000円/年

運用できる商品

金融庁が認めた投資信託のみになります。

つみたてNISAのQ&A

途中引き出しは出来る?
出来ます。

NISAとつみたてNISAの併用は出来る?
併用は出来ません。
※一般/特定口座の併用はOK

年間の投資上限は40万円だけど買った分を売ったらまた40万円分買える?
売っても年間の投資上限枠はリセットされません

積立NISAの1年目の投資額が20万の場合、2年目の上限は60万ですか?
前年の投資額に関係なく年間上限投資額は40万円です。

つみたてNISAの金融庁が認めた商品って何?
長期の積立・分散投資に適した投資信託です。

例)
販売手数料はゼロ
信託報酬 平均0.65%
(全世界株式INDEX)

積立NISAは、運用を開始して20年後はどうなるの?
一般/特定口座に自動的に移行されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA