家賃が払えないなど生活に困っている人を助ける制度

今日は、家賃が払えないなど生活に困っている人を助ける制度をわかりやすく紹介します。その制度とは、生活困窮者支援制度になります。

動画がオススメ!
内容をわかりやくまとめています

生活困窮者支援制度とは


家賃が払えなくなってしまった方、家を追い出されそうな方が専門家に相談をして必要であれば家賃の支給からお仕事されてない場合は再就職の支援までしてくれる制度です。つまり、自立の支援をしてくれる制度です。
全て無料で利用できます。

事例紹介

Aさんは、勤め先の業績悪化によりリストラされてしまいました。
Aさんは、半年間の就活を行いましたが、再就職先がなかなか見つかりません。
そして、収入がなくなってしまうので貯金も底をついてしまいました。
家賃が払えなくなってアパートを追い出されてしまいそうになったとその
タイミングで今回の制度を活用しました。

制度を活用したことで2つの支援を受けました。

1点目は、住まいを確保するための家賃を支給されました。
こちらは上限の金額が約5万円です。期間は人によって様々ですが原則3ヶ月です。

2点目は、就職先も見つからない状況だったので再就職の支援を受けました。
履歴書の書き方から面接の練習など基本的な指導からAさんがどの業界に向いているのかまでアドドバイスしてくれます。

いきなり働くのは厳しい場合はお試し期間を通して本採用となるような条件面の交渉
も専門家がしてくれます。

上記2点を中心にしたことでAさんは自立することが出来ました。
これらはすべて無料のサービスになります制度になります。

生活困窮者支援制度、利用の流れ

STEP.1
役所の相談窓口へ連絡
市役所区役所に生活困窮者支援制度の窓口がありますのでそちらに連絡します。
全国どこでも誰でも利用することができます。
STEP.2
専門家に生活の状況を相談
相談内容は、全て秘密保持が厳守されます。
家庭環境、仕事が出来なくなった背景、家賃が払えない状況など細かく相談することをオススメします。自分の置かれた状況を出来る限り詳しく説明することで専門家がより良いプランをプランニングしてくれます。
STEP.3
専門家と自治体が協力して支援プランを作成&実行
相談者の意思/環境を配慮しながら自立に向けたオリジナルの支援プランを専門家と自治体が協力して作成&実行します。
STEP.4
定期的なモニタリング
作成したプランで相談者が安定した生活ができているかどうか支援者が定期的にチェックします。プラン通りに行かない場合は、再検討しリプランニングをして再度支援活動を行います。そうすることで本当に安定した生活に取り戻すことが出来るということになります。

生活困窮者支援制度の3つのポイント

  1. 誰でも無料で利用可能
  2. 全国どこでも利用可能
  3. 支援内容は、人それぞれ
まずは、相談することが一番大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA