民間介護保険が不要な理由をわかりやすく説明します

動画がオススメ!
内容をわかりやくまとめています

民間介護保険が不要な理由をお話する前に介護必要な正確な情報(開始時期、期間、費用)を正しく理解しましょう。

介護が必要な開始時期

介護が必要な開始時期は、健康寿命になります。

健康平均寿命とは、健康な身体で不自由なく日常生活が送れる期間です。

男性 健康平均寿命 72.1歳
女性 健康平均寿命 74.7歳

参照データ:内閣府(平成30 年版高齢社会白書)

介護が必要な期間

介護が必要な期間は「平均寿命」-「平均健康寿命」で算出されます。

男性は9.1年、女性は12.6年となります。平均寿命の長い女性の方が介護が必要な期間が長くなります。

介護に必要な費用

平均月額介護費用は、7.8万円です。

参照データ:公益社団法人生命保険文化センター「平成30年度生命保険に関する全国実態調査」97 ページ目

「介護が必要な期間」X 「平均月額介護費用」で介護に必要な費用が算出されます。

介護が必要な費用は、男性:852万円で、女性:1,179万円です。
平均寿命の長い女性の方が介護に必要な費用が高くなっています。

介護に必要な費用の範囲


オレンジの部分が介護が必要費用の範囲になります。

介護費用は、民間介護保険で備えるのはオススメしません

民間介護保険が、オススメでない理由は、介護保険料が高いからです。
なぜなら、年代別人口に占める要支援/要介護認定者の割合ですが、80歳以上の3人に1人以上が要介護となります。
介護が必要な人が多いということは、給付金に必要なお金も多いので保険金が高くなってしまいます。

参照データ:厚生労働省「介護給付費等実態統計月報」総務省「人口推計月報」

介護費用は、積立投資で備えるのがオススメ

介護費用は、貯金ではなく積立投資で備えるのがオススメです。

なぜなら、介護が必要になるのは70代前半になります。つまり、多くの人にとって必要になるまで時間があります。

時間を味方につける資産形成は、積立投資です。下記は、貯金と積立投資を比較した図です。積立投資は、30年後にには貯金の約2倍以上の差がつきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA